FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日は大樋焼のお茶碗の買取相談がございました。お母様の代からお持ちとのお話でして、福寿の文字入りの黒茶碗で箱書きには表千家12代惺斎宗匠の書付がございました。
とても状態も良いお茶碗でしたので高価にて買い入れをさせていただきました。

大樋焼のお茶碗、高価買取します。

九代 大樋長左衛門 明治34年~昭和61年 8代大樋長左衛門の次男として石川県に生まれる。

大正6年、石川県立工業学校窯業科を卒業後、父に師事して作陶に精進する。
大正14年 大樋焼の当主を受け継ぎ、九代大樋長左衛門を襲名。大徳寺488世全提要宗より「大樋」印を授かる。
昭和15年 内閣総理大臣・近衛文麿より自筆の「長左衛門」金印を授かる。
昭和17年 工芸技術保存作家に指定。
昭和33年 日本工芸会正会員。
昭和48年 日本陶芸展に推薦招待され、数印黒楽茶碗を出品。
昭和52年 裏千家十五世鵬雲斎宗室より「陶土斎」の号を授かる。
作風は手捏ねによる樂焼本来の伝統的手法を忠実に守り、歴代の中でも優れた技量が認められています。
大樋焼独特の「飴釉」の茶碗はもとより、黒茶碗においてもたっぷりとした二重掛けの黒幕釉を創案し、その絶妙な釉垂れの景色は高い評価を受けています。




弊社では、茶道具1点の売却からご相談を受け付けしています。「大事にしていたお茶碗」、「親戚から引き継いだお茶道具、掛け軸」など、整理や売却をご検討のお品がございましたらどうぞお気軽にご相談ください。

出張査定は無料ですので、ご不要な茶道具の売却をご検討の際は、弊社までお気軽にご相談ください。
査定経験の豊富な専門スタッフがご希望を伺いながら誠実丁寧に対応させて頂きます。

➿0120-78-5595 ✉️:info@kohakudo.jp
こはく堂-茶道具、美術品の買い取り査定について



店舗外観
リニューアルオープンした世田谷店では、茶道具作家ほか店内買取を強化しております。
*店舗に買取担当は常駐しておりませんので 事前に査定日時をご予約の上、ご来店をお待ちしております。

➿0120-78-5595 ✉️:info@kohakudo.jp

表千家 裏千家 武者小路千家 江戸千家 遠州流 藪内流 大日本茶道学会 樂吉左衛門 大西清右衛門 塗師中村宗哲 駒沢利斎 中川浄益 土田友湖 奥村吉兵衛 飛来一閑 黒田正玄 西村(永樂)善五郎
角谷興斎 角谷一圭 角谷莎村 金谷五良三郎 木村清五郎 菊地政光 佐藤浄清 高橋敬典 高木治良兵衛 長野烈 根来実三 根来 畠春斎 明珍 一后一兆 川端近左 川瀬表完 前畑雅峰 道場宗廣 村瀬治兵 衛渡辺喜三郎 朝日豊斎 上田直方 大樋長左衛門 小川長楽 大野鈍阿 亀井楽山 久世久宝 坂倉新兵衛 坂田泥華 清水六兵衛 須田青華 杉田祥平杉本貞光 膳所焼陽炎園 田原陶兵衛 高取静山 高取八仙 高橋道八 長岡空権 中村翠嵐 西村徳泉 三浦竹軒 三浦竹泉 宮川香斎
 

中国陶磁器、鍋島、古伊万里、古九谷ほか古陶磁器、蒔絵、堆朱、螺鈿、鎌倉彫など漆器類、彫金、七宝、銅器、ブロンズなど金工品、彫刻、仏像、竹籠ほか工芸品各種、高価買取いたします。

鉄瓶、高価買取します!

こはく堂-茶道具、美術品の買い取り査定について

◎主な無料出張・買い取り見積もり地域~

東京都23区 および東京都の茶道具掛軸買い取り、着物の買い取り(見積もり無料)
* 世田谷区 * 大田区 * 品川区 * 渋谷区 * 新宿区 * 杉並区* 港区 * 目黒区 * 中央区 * 千代田区 * 豊島区 * 中野区 * 練馬区 * 文京区 * 足立区 * 荒川区 * 板橋区* 江戸川区* 葛飾区 * 北区 * 江東区 * 墨田区 * 台東区 * 武蔵野市・国立市・三鷹市・小金井市・調布市・西東京市 など、
茶道具・掛軸・油絵・古美術買い取り査定(無料出張)いたします。

神奈川県 横浜市・川崎市、鎌倉市、茅ヶ崎市、藤沢市など湘南地域の茶道具掛け軸の買い取り、着物の買い取り(見積もり無料)

千葉県 市川市/船橋市の茶道具掛け軸の買い取り、着物の買い取り(見積もり無料)
埼玉県 さいたま市(旧・大宮市/浦和市)など  
 など

⭐︎

「きもの 青木」銀座店
着物や帯を豊富に取り揃えております。お近くにお出かけの際は、どうぞお立ち寄り下さいませ。
きもの青木ブログ

住所  : 東京都中央区銀座1-8-2 プルミエビル1F
営業時間: 12:00~
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kohakudonews.blog115.fc2.com/tb.php/316-c1e03076
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。